【必見】ベトナム赴任・駐在準備の基礎知識を大公開

2022.08.04
ベトナム情報
中垣圭嗣
目次

はじめに

みなさんこんにちは、Wakka Inc.ラボマネージャーの中垣です。
コロナ禍でテレワークの普及や海外出張の凍結など、ビジネス環境で大きな変化があった2020-2021年。おそらくみなさんの中にも事業計画に遅れが出たよ、という方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中、私のまわりでもこれまで止まっていた人事異動が2022年3月からすこしづつ動き出してきており、これからベトナムに初めて赴任するという方も増えそうな気配です。。弊社でも2022年4月頃からベトナムの入国に関する問い合わせが増えてきました。

そこでベトナム赴任後、ではなく赴任前に知っておくと「安心」だよといった情報をいくつか厳選して紹介していこうと思います。

ちなみに、ベトナムは一般的に駐在員が生活しやすいと言われています。

具体的には、住みやすい・働きやすい海外居住地のランキング「エクスパット・インサイダー(Expat Insider)」2021年版によると、ベトナムは59か国・地域中10位となり、7年連続でトップ10入り。日本は54位という結果となり、ベトナムは上位にランクインしています。

このランキングは、186か国・地域で生活する174国籍の外国人1万2240人を対象として、生活の質、定住の容易度、海外勤務、個人収支、生活コストの5項目・37指標を評価して点数化したものです。

ベトナム赴任前に最低限準備すべきチェックリスト

赴任直前になって慌てない為にも、赴任前に最低限準備すべきチェックリストを用意しておくと便利です。
より詳しくチェックするためには、赴任渡航前チェックリストを準備してご活用ください。

(チェックリスト例)

☑ 予防接種
☑ 日本の緊急連絡先と現地大使館/領事館の連絡先の準備
☑ パスポートの準備
☑ ビザ(査証)の確認
☑ 航空券の手配
☑ クレジットカード&紙幣の準備
☑ 海外旅行保険への加入
☑ 携帯電話・スマートフォンの設定確認
☑ 引っ越しの準備

ベトナム赴任前に準備しておきたい5つのこと

今回は赴任前にチェックリストから準備しておきたい5つの事柄に絞ってご紹介します。

1、予防接種について

東南アジア滞在では予防接種が必要になります。

ベトナムへの赴任で気を付けたいのは「破傷風」「A型肝炎」「B型肝炎」「日本脳炎」「狂犬病」の5つが代表的です。

通常、予防接種については採用企業が負担してくれるケースが多いですが、赴任前に必ず接種時期や申し込み方法について確認しておきましょう。

また、現在もデング熱が流行っていますが、デング熱については予防接種や予防薬はなく、長袖を着たり、虫よけスプレーをするなど、虫に刺されないようにすることが最善の予防方法です。

場合によっては重症のデング出血熱と呼ばれる病態となり、最悪、死に至ることもある為、十分な注意が必要となります。

2、日本の緊急連絡先と現地大使館/領事館の連絡先について

ベトナムに限らず、海外の渡航の際にはスマートフォンの紛失や盗難の危険性がある為、渡航前には日本の緊急連絡先(家族や親戚や恋人など)と現地大使館/領事館の連絡先をに、必ずメモしておくなどの準備が必要となります。

また、パスポート紛失など何かしらの大きなトラブルが起きた場合には、まずは現地大使館/領事館へ連絡をするようにしてください。

連絡先情報等は、在ベトナム日本国大使館、駐日ベトナム大使館、外務省海外安全局などのホームページでご確認ください。

3、海外旅行保険への加入について

予測不能な突然の病気・事故に備えて、ベトナム赴任前には必ず医療保険「海外旅行保険」に加入が必要となります。

日本では健康保険加入によって医療費の負担額が少なく済みますが、
ベトナムにおいては、保険未加入の状態で外資系病院での治療を受けた場合、高額な医療費を請求されてしまいます。

例えば、風邪を引いただけでも処方箋など高額の医療費がかかってしまい、1日入院しただけでも約10万円近く請求されることがあります。

通常、保険料は採用企業が負担してくれるケースが多いですが、赴任前に必ず医療保険の加入方法について確認しておきましょう。

4、ベトナムでの生活における治安情報について

ベトナム赴任前には赴任先の治安情報を知っておくことが大切です。
比較的海外の中ではベトナムの治安は安定していると言われています。

参考程度に犯罪総数で見てみると
2016年のベトナムの犯罪発生件数は
54,511件

同年、日本の犯罪発生件数は
996,120件

総数で見ると、日本よりも少ないというのが特徴です。
もちろん日本とベトナムそれぞれの国が公表しているデータなので、一概に比較はできませんが、
比較的犯罪は少ないということが分かります。

ただし、大きな犯罪は少なくても、軽犯罪の件数は日本より多く『スリ、置引き、賭博』などの犯罪には注意しましょう。

ベトナムに限らないことですが、軽犯罪に巻き込まれないようにするためには、貴重品やスマートフォンを無防備に扱わない、知らない人に用意についていかないなど基本的な対策が必要です。

5、ベトナム引越しの準備について

荷造りや手続きなど、ベトナム引越しにはなにかと準備が必要です。

一般的には、引越し準備は2〜3ケ月前から始めることが推奨されています。

ベトナムへの引越しを行っている日本の業者は色々とありますので、まずは、Webサイトなどで情報を調べ、比較検討してみましょう。

「ベトナムでの引越し業務の経験が豊富かどうか」が引越し業者選びの重要なポイントとなります。

業者選定後にアドバイスをもらいながら、引越しチェックリストを作成して準備を進めていくとスムーズに進めることができます。

(チェックリスト例)
☑ 日本での電気・水道・ガス・電話などの解約。
☑ 荷物を仕分けする1:持っていく物・残す物・処分する物。
☑ 荷物を仕分けする2:船便・自分で持ち込み。
☑ ・・・・・・・
☑ ・・・・・・・
☑ ・・・・・・・

ベトナム赴任準備タイムライン

赴任前の準備についてはタイムライン表を参考にしてみてください。

まとめ

上記が、赴任前にあらかじめ準備しておく必要がある事項になります。
今後もこちらのブログでベトナムへ赴任に関する情報を発信していきます。ただし、コロナ禍の状況によっては入国制限など急な制度変更なども多々ありますので、
必ず、公的機関の情報のチェックと合わせて安全で確実な準備ができるようにしましょう。

公的機関の情報については、『【随時更新】ベトナム入国情報まとめ|コロナ禍における最新の入国制限は?』で詳しくまとめていますので、ぜひこちらもご覧ください。

また、Wakka Inc.ではベトナム視察を目的にしたIT企業さま向けに、無料でオフィス案内をしております。これまでのべ50社以上の視察を受け入れて参りました。ベトナム現地のIT企業の活動を間近に体験していただけますのでぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

この記事を書いた人
中垣圭嗣

WebメディアでPGから管理職まで幅広く経験し、Wakka Inc.に参画。Wakka Inc.のオフショア開発拠点でラボマネジャーを担当し、2013年よりベトナムホーチミンシティに駐在中。最近では自粛生活のなかでベトナム語の勉強にハマっています。

  • ホーム
  • ブログ
  • 【必見】ベトナム赴任・駐在準備の基礎知識を大公開
Contacts

Wakkaについて詳しく知りたい方はこちら